ホーム > 鳥インフルエンザ特集

特集・対談 鳥インフルエンザ発生 求められる、迅速な対応

 平成28年11月28日に青森県にて、家きんでは国内初となる高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)が発生しました。これを皮切りに、平成29年3月30日現在までに、全国9道県12戸の農場で高病原性鳥インフルエンザが確認されています。甚大な被害をもたらす鳥インフルエンザの発生に、各自治体は迅速な対応を求められました。今回、被災され実際の現場の対応にあたられた宮崎県庁、熊本県庁の担当者様へお話を伺いました。


供給物資事例

 NPO法人コメリ災害対策センター設立以降、様々な災害が発生し、物資の要請にお応えしてきました。要請物資は災害の内容、災害発生後の経過によって物資の内容、物量が変化していきます。どのような局面でどのような物資が必要となるのか、過去の経験を活かせるよう、物資の要請状況をご紹介しております。


関連情報

熊本県 高病原性鳥インフルエンザ

被災・対策記録
熊本県/高病原性鳥インフルエンザ
(平成26年4月)

高病原性鳥インフルエンザ

物資要請事例
[物資供給の状況] 家畜伝染病

防災への取り組み

NPO法人コメリ災害対策センターでは、災害発生時に行政からのご要請に応じて必要物資をお届けする事業を行っているだけでなく、平時においては防災訓練等に積極的に参加させていただき、ご家庭で必要な防災用品の展示・説明を行うなど、防災啓発活動も行っております。

ページの先頭へ戻る